Pianist & Singer songwriter 大川 紗智子が綴る 日々の出来事☆


by slowly-blog

私の恩師 小宮路敏先生のこと。

e0154033_22263072.jpg
大好きな、みんなの小宮路敏先生。
先週、天国へ旅立たれました。

玉川学園小学部で音楽の先生として、誰からも愛される先生でした。
全国に沢山のファンがいる、教育分野で有名な先生だと知ったのは大人になってからです。

小学校時代、私の作詞作曲とピアノをいつも褒めて下さり、昼休みはいつも音楽室のグランドピアノを弾いて遊んでいました。

純粋に音楽が好きなだけで、人前に出ることは考えていなかった私に、全校生徒と父兄の前でオリジナル曲を発表する機会を与えて下さったのも小宮路先生でした。

昨日の告別式では、先生にお花を飾る時、「どなたか演奏して下さいませんか?」とアナウンスがあったのですが、
皆、「急にいわれても…」「楽譜がなくちゃ弾けない」と尻込みされていたので、
思い切って「私、一曲弾いても良いでしょうか?」と司会の方にお声がけすると、ぜひどうぞどうぞと言っていただいたので、オリジナルの「とらねこ」をBGM風に短めにアレンジして弾かせて貰いました。

楽譜がないのも、急にアレンジしながら弾くことも、私には全く問題ではなくて無我夢中で弾きました。
今までの下積みと経験が背中を押してくれた気がします。全部、無駄じゃなかった。

先生に、大人になってからの曲やピアノを聴いて貰えて恐縮だったけれど嬉しかった。
時間を下さった会場の方にも感謝です。
そうして、自分はまだまだだなぁと感じました。

お別れの会が終わる頃、先生の奥様が私の前を通られて、とてもやさしい笑顔で「どうもありがとうございました」と声をかけて下さいました。
会場のどこかで、私がピアノを弾く様子を見て下さっていたようでした。
先生の訃報を受けてから泣いてばかりいたけれど、その一言でなんだか気持ちが救われるような、あたたかい気持ちになりました。

先生、どうか天国から笑いながら見守っていて下さい。
いつか、先生に聴かせたいと思うような、素敵な曲が書けたら嬉しいのですが。
音と戯れて、世界のいろんな人と笑えたら。
今の私がいるのは、小宮路先生のおかげです。
沢山の愛を皆にそそいで下さって、どうもありがとうございました。
どうぞ安らかにお眠り下さいますように。

#小宮路敏 #binkomiyaji #music #玉川学園
#感謝 #大好きな先生 #forever

[PR]
by slowly-blog | 2018-11-21 22:24 | 大川紗智子